ダイエット・筋トレ

【やる気に頼らない】レコーディングダイエット【目標管理】

スポンサーリンク

体重計に乗るだけでもやせる、という話を聞いたことありませんか?4年間の体重を記録し続けた僕がその効果について解説していきます。
早速結論ですが、体重計に乗るだけでもダイエットは可能です。もちろん、本当に乗るだけで変わりません。体重を図ることで生活を変える意識が芽生えることを目的としています。今回は僕がどのようにして体重の変化と向き合ってきたのか、4年間の記録を元に紹介していきます。

【体験談】体重の変化と対策について

ちなみに僕の記録をご覧ください。※体重の軸がそれぞれ違うので見方に注意してください。
2016年6月~2017年10月
この時期は本格的に痩せようとし始めた時期です。アプリをダウンロードして記録を開始しました。ランニングをひたすらやっていましたが走った距離に比例して体重が落ちていくのが楽しかった時期です。なお、後半は走る距離が減るについて体重が微増、最低体重から+2.4㌔増えています。
2017年11月~2019年5月
体重が徐々に増えてきたため、2018年1月から糖質制限ダイエットを開始。それまではランニングだけでしたが、みるみる体重が減少。この時期は54.7㌔を記録。高校生の時よりも痩せています。ただ無理のあるダイエットなので徐々に増えていきます。とにかく体重を測って連続で増えないようにランニングをする等、対策をしていました。
2019年6月~2020年9月
この時期は筋トレを開始した時期です。体重を減らすことではなく、筋肉量を増やすことを意識していました。一番太っていた時が66.9㌔だったのですが、同じくらいまで体重を増やしてそれから痩せよう、と決めていた時期です。さすがにウエストが気になり始めたので後半からHIITを開始、体重減少をさせています。
以上のように、体重の変化を観察することで対策を取ってきました。数値化されるため具体的な策を取りやすいのがメリットです。

体重計に乗りたくないとき

ズバリ、体重が増えていることを自覚しているときではないでしょうか?乗ってしまうとハッキリと太ったことがわかりますからね。僕の場合は体重記録のアプリを取って週1回は記録するようにしていました。結果として増えすぎる前の対策が取れるようになりました。

記録することは武器になる

体重計に乗るだけでも一歩だとは思いますが、さらにもう一歩、ということであれば記録を取りましょう。体重を単純に減らすのであれば、1ヶ月あればみるみる体重が減っていくはずです。確実に体重が落ちていくのが観察できるのでモチベーションを上げてくれます。前に進んでいる実感がないまま物事を進めていくのは結構しんどい作業です。だからこそ記録を取って前に進んでいることを実感しましょう。繰り返しですが、1ヶ月あれば減ります。続けましょう。

今の体重を測って記録してみましょう

痩せたいのであれば、まずは体重計に乗って記録してみてください。記録する方法ですが、スマホのメモでも、アプリでも、写真を撮ってコメントをするでも、手帳でも、SNSでも何でもいいです。できればこれから何回か継続して記録できそうな物がいいですね。ちなみに今回紹介した私の使用しているアプリのリンクも貼っておきます。体重管理アプリ RecStyle
実は今はスマホと連動する体重計を使用しているので使うのはやめてしまいました。その話は別の機会に。それでは。

スポンサーリンク

-ダイエット・筋トレ

© 2021 みずちるブログ Powered by AFFINGER5