ダイエット・筋トレ プロテイン

プロテインの”ゴールデンタイム”は嘘?もう古い?

2021年1月8日

スポンサーリンク

プロテインのゴールデンタイムってご存知ですか?運動後、30分以内に飲むといいっていう噂ですね。

プロテイン+ゴールデンタイムで検索候補に上がってくる単語は何だと思いますか?

な、なんと「嘘」「古い」「間違い」「エビデンス」です。

ゴールデンタイムという言葉を知った人がなぜ、その効果を疑うのでしょうか。不思議でしょうがないです。今から僕は「プロテインのゴールデンタイム」は信じなくていいかもしれませんよ、と書こうとしているのに、まさか皆様気づいておられるとは・・・・。

もしくはこんなことですか?

⇒ 筋トレをするようになってプロテインを30分以内に飲んでいた
⇒ ゴールデンタイムという言葉を知った
⇒ 飲む量とか気になって調べだしたら、新しい常識があることに気づく
⇒ 「古い」「嘘」で検索をする
まぁいいでしょう。
何はともあれ、ゴールデンタイムは古い、30分以内でなくてもプロテイン摂取は十分に効果があるよ、というのが新しい考え方になっています。
ここら辺の話は、成長ホルモンがどうこうという話があるのですが、専門的な内容は専門的な人に解説してもらえばいいと思います。
僕が今回、お伝えしたいのは一点だけです。
「ゴールデンタイムに縛られてプロテイン(タンパク質)の摂取量が減ったらもったいですよね?」
これだけです。
この手の常識は日々アップデートされるのでしょう。いろんな人が色んなことをいいます。

きっと中には、「俺はゴールデンタイムにプロテインをずっと摂取してきた。筋肉もついている。だからゴールデンタイムはある!」なんて人もいるでしょうね。僕はそれでその人が気持ちよく筋トレを継続できるなら何も問題ないと思っています。

ただ、今回お伝えしたいのは、筋トレ初心者が「プロテインのゴールデンタイム」という知識を得たがためにプロテイン摂取量が減ってしまうのがもったいないと思っています。「筋トレをしないと飲めないモノ」になっていなければ全く問題ありません。

繰り返しですが、筋トレをしていると色々な人の「常識」に触れます。中には効果の高いものもあると思います。しかし、効果の高い筋トレをする以上に継続をしていける筋トレをする方が最終的に筋肉は成長しますよね?やめないこと=継続が最重要です。
そう考えると「ゴールデンタイムにプロテインが飲めなかった!」と悔やむようなやり方より、「プロテインはいつ飲んでもOK」とした方が気楽に続けられそう、と思うわけです。
というわけで、自分の信じたい常識を信じて継続を最優先にしたらいいんじゃないか、という話でした。それでは。

スポンサーリンク

-ダイエット・筋トレ, プロテイン

© 2021 みずちるブログ Powered by AFFINGER5