ダイエット・筋トレ

HIITは毎朝やる以外に選択肢はない!習慣を味方につける方法

スポンサーリンク

疑問な人
HIITが痩せるらしい。でも朝と夜、どっちがいいんだろう?
疑問な人
HIITが痩せるらしい。毎日やってもいいのかな?

 

そんな疑問に答えます。

この記事のポイント

  • 朝がオススメの理由を知って前向きに臨むことができる
  • 朝にやるデメリットを抑えられる
  • 毎日やるためのコツ

 

 

HIITは「朝がオススメ」の理由

 

僕はHIITをやるなら「朝」をオススメします。

僕自身が「朝」にHIITをやることで100日以上、継続できた経験に基づいて説明します。

 

ルーティーンにしやすい

HIITは10分あればできるので、少しだけ早起きをするだけで生活に取り入れることができます。

僕の場合はこんな感じでした。

  • 起きる
  • トイレ
  • 水を飲む
  • HIITアプリを起動
  • HIIT

 

良くない例ですが起床して10分後にはHIITをやっていました。

正直、HIITってやる前、めっちゃイヤなんですよね。

 

みずちる
HIIT、ツライ。ヤリタクナイ。

 

とりあえず、あまり深く考えずHIITアプリを起動するようにしていました。

朝であれば絶対に流れは決まっているのでルーティーンにしやすいんですよね。

 

もちろん、そんな起きてすぐできないよ、という人もいるかと思います。

その場合はストレッチを入れてもいいと思いますし、瞑想などを入れてもいいかもしれません。

イヤなこと・ツライことは朝一番に終わらせてしまって、達成感を味わえるのもメリットです。

 

日々の生活に左右されない

朝にHIITを行うことでルーティーンにしやすい、ということにもつながりますが、朝は干渉されるものが少ないです。

仕事をしていると、どうしても習慣化を阻む要素がでてきます。

  • 残業で帰宅したころには疲れ果てている
  • 飲み会で酒を飲んでしまった
  • 子どもを寝かしつけていたら一緒に寝てしまった

 

朝の時間と比べると変動要素が大きすぎるのが夜です。

もちろん、昼休みにできる、とかだと一番いいのですが在宅ワークでないと厳しそうです。

 

朝、邪魔が入らない状態で習慣化して続けるのがオススメです。

 

HIITを朝にやるデメリット

圧倒的に朝がオススメではありますが、デメリットもあるので紹介します。

 

夏は汗が止まらない

激しい運動のため、めっちゃ汗をかきます。

ちょっと困るのが、運動が終わった後も15分~30分程度、汗が出続けることです。

 

もう少しわかりやすく言うと、HIIT終了後にシャワーを浴びても汗が止まらず、朝食を食べているときも汗が出続けていました。

特に真夏はなかなか着替えることができませんでした。

 

エネルギー不足の状態なので少し危険

何も食べずに走れば、前日の夜に食べてから空腹時間が続いているので、痩せやすいといわれます。

しかし、空腹のままHIITを行うと、低血糖に陥り、めまいなどを起こすことが考えられます。

また、筋肉も落ちやすくなるのはデメリットです。

 

みずちる
HIITのせいもあるのか、筋肉が増えず、体重が減り続けました

 

HIITは毎日やるべきか否か

僕はHIITは毎日やるべき、と考えています。

なぜかというと継続しやすいからです。

 

みずちる

HIITってめちゃくちゃキツイ。毎回、絶望してる。

 

気になる
そんなにキツイなら毎日やらない方が良くない?

 

と思いましたか?

もちろん、激しい筋肉痛に襲われた、ということであれば休むべきです。

しかし!

キツイからこそ、毎日やることをオススメします。

なぜなら「今日はやるか・やらないか」という選択肢を持ってしまうと「やらない」という選択をしてしまうからです。

脳への負担を軽くしましょう。

 

毎日やる場合

  1. HIITのアプリを起動
  2. HIITスタート

 

毎日やらない場合

  1. やるかやらないかを決める
  2. HIITのアプリを起動
  3. HIITスタート

 

この差がめちゃくちゃデカいです。

毎日やるなら、もうHIITアプリを起動するだけです。

「やる・やらない」の選択肢を設けてしまうと「やらない」選択をしがちです。

 

みずちる
僕も毎日⇒2日に1回にしたら見事にやらなくなりました

 

「毎日はやらなくていい」って聞いたけど?へ回答

もしかしたら最初は筋肉痛になるかもしれません。

でも5回くらいやったらマシになりませんか?

マシにならなかったらごめんなさい。

 

「HIITは高強度でやる運動だ、毎日できるような強度はHIITじゃない!」

 

そんな声もあります。

でもですよ?

僕はランニングで10kmの自己ベストが51分です。

普通の会社員よりは走れる、って言っても怒られないと思います。

 

それでもHIITを全力ではできません。

酸欠で水が飲めないくらいにはなりますが、それでも次の日はピンピンしてます。

 

何が言いたいかというと、「毎日は強度が強すぎて無理」というほど「強度を強くできない」です。

辛すぎてできない、という場合は低強度のHIIT(いわゆる、ゆるHIIT)を混ぜてもいいかもしれません。

 

これから始める、という方は毎日HIITはやると決める。

決めることが継続への近道となります。

 

まとめ

以上のことから、HIITをやるなら「毎朝」をオススメします。

やり方に関しては色々と模索をしていきましょう。

オススメは「20秒1セット以上やる」とかですね。

 

1セットできれば2セット、3セットと続くものです。

HIITは短期間で効果が出やすいダイエットです。

 

自分の弱い心に打ち勝って、強い精神力と理想の体を手に入れましょう。

 

スポンサーリンク

-ダイエット・筋トレ

© 2021 みずちるブログ Powered by AFFINGER5